更新休止のお知らせ

当ブログの更新を無期限休止とさせていただきます。

 

理由としては、心境の変化とか、忙しくなるとかそういうことです。

 

何かしら役に立てばよいと思って書き連ねていただけのものなので、一応残しておきます。(主に戦車のゲームについてしか書いていませんが)

 

それではまたどこかで

フロントライン考察

フロントラインも第2週に入ったわけだが、一生開催しててくれって感じだ。

というわけで、フロントラインについて少し書いていこうと思う。

 

・強ポジで芋るべし。

アジアの民はPCがラグいのか、回線が弱いのか、頭がラグいのかわからないが、とにかく前に出ない。ずっと同じ場所で芋っている。

ところで心理学的な話として集団としての強さというのは誰かが突出していることよりも協調性や歩調合せ、平均化の方が重要なのであるが、これによれば、もし仮にあなただけがどう動けば勝ちに傾くかという道筋が見えていたところで、あなただけが行動して突出しては、勝ちに導けるあなたは死ぬし、味方は動かない。(これはランダムでも一緒だし集団戦でもそう、意志の共有が為されていないのに、動いても浮くだけで何も生まない。)

というわけで、まあ最終的に勝っても負けてもクレジットは稼げるし、階級でもらえる経験値は一緒なので、強ポジで芋ってひたすら敵を狙撃するというのがいい。もちろん、味方が動いているのに何も撃てない場所で芋ってるのはマップ見てないし、稼ぐ趣旨に反するので論外。撃てる場所でずっと芋っていようという話だ。

 

リザーブ偵察機が一強。

なぜかといえば、端的に言ってサーバーハックというかシステムハックなのである。公式チートだ。視界システムというものがこのゲームの根幹を為しているわけだが、どう抗っても445m以遠の敵は自分の視界では見ることができない(後述するがインスパイアであっても所詮自分とその周囲の車両の乗員のプライマリスキルを向上させるだけなので、445m以遠は見えるようにならない)わけだが、偵察機は任意の位置を750m*300m(だったかな?)の長方形の範囲をリザーブのレベルに応じた時間だけ映すことができる。つまり描写範囲は565mなわけだが、実質視界範囲が565mになったのと同様である。これがシステムハックと言わずに何なのか。さらに言えば自分の撃てない、表示されていないようなマップの全く反対側の敵を映したところで味方がそれを撃ってくれれば、それはそれでアシストが入ると美味しいことしかない。

つまりどんな車種でも偵察機積んで強ポジで一生敵視認して撃ち続けていれば勝っても負けても一人勝ちってわけです。

 

話変わって、リザーブが2個も3個も積めるような車種がある(なんで自走砲は3個積めるんですかね一生EBRにストーカーされてリスキルされてろ)わけだがそんなあなたに積むのに最適なリザーブは工兵とインスパイアである。

工兵はCAPを切るのにもCAPをするのにも使えるので、一部HTなどに載せてCAPに入って一生CAPしてるみたいなプレイングもある。あと防衛自走で一生CAP切ってるみたいなのもすぐ大将になってたりするので、強いのだろう。

インスパイアは何が強いかといえば単純にプライマリスキルが上がるので、精度やらリロードやら視界やら隠蔽やら色々よくなるし、周りの味方にもbuffが入り、その味方が敵にダメージを与えた場合自分のアシストに加算されるので、集団で芋ってるときに発動させると一瞬でアシストがたくさん入る。

 

逆に論外なのは砲兵、空爆。複数人で同時に同じところにフォーカスすれば一人くらいは死ぬかもしれないが、所詮一人だし、とにかく自分ひとりだけが砲兵を撃ったところで300ダメが関の山だ、積んでるなら今すぐ外した方がいいですよ。もしプラ組んでて全員で砲兵積んでるならありかもしれないがアジアサーバーの人口減らすのに貢献してるのでやめた方がいいですよ。

次に煙幕、これも味方の隠蔽どころか視界にまで影響する時点で論外。敵に影響するかは忘れたが、しそうな感じもする。まあ使ってるなら外した方がいいだろう。リザーブによるアシストも入らないし、味方に迷惑だから適当な場所に炊くのはやめようね。

 

・トーチカは関わるだけ無駄

トーチカは防衛しても攻撃しても経験値も入らないし階級も上がらないわりに、敵は勝つために動いてくるので、複数枚相手しなければならず大変にコスパが悪い。勝っても負けても自分が稼げばいいと割り切ってトーチカにまとわりついている雑魚を横からカモるのが一番良い。正直これはシステムのせいなので、フロントラインモードの今後の課題なのではないだろうか。以前のβ版ではトーチカの破壊とか防衛でもう少し経験値が入ったような気がしたが気のせいだっただろうか。

VK72.01Kについての考察

VK72.01K、それは魅惑の戦車。

1両いるだけでType5相手に一騎当千の振る舞い。

まさに超重の中の超重。王の中の王といった車両……のように思いがちだが、実際に使ってみたりして、そんなことはないという事実に手が震えている。(まあもちろん強いのだが)

 

・350HEATとはいえ、HEATなので空間装甲の多いType5相手に撃つときにはやはり慎重に狙う場所を決めて撃たなければならない。

f:id:narasinorz:20190222180318p:plain

このような角度なら当然、砲塔前面、車体前面を狙うべきなのだが

 

f:id:narasinorz:20190222180945p:plain

このくらいの角度になると砲塔の側面とか切り欠きを狙った方が無難であろう。

上手いType5だったら、当然このように車体や砲塔の角度を変化させてきて、装甲厚を変えてくる。

 

・Type5に対してのVKの取るべき防御姿勢というのはどうだろうか。

f:id:narasinorz:20190222182011p:plain

※tanks.ggのVK72.01Kの装甲モデルにはバグが存在するので、Pzkpfw.Ⅶのモデルで以て図示する。
通常の戦車に対してであればこのような角度で昼飯して撃ちに出るのが一番堅いのだが、Type5に対してでは、上図の赤く囲った部分を撃たれると40㎜の車体天板部分にHEの爆風が届き、理論上最大のダメージが入ることとなる。

ではどうすればいいかといえば

f:id:narasinorz:20190222182142p:plain

このように出ることによってHEによって有効にダメージが入る面積が小さくなり、かつ履帯を切られて撃てないということもなくなる。

(履帯上を狙ってターレットリングの40㎜底面を狙うことによって有効ダメを与えることはできるが、昼飯で出た際よりも圧倒的に面積は小さい。

 

というのをお茶を飲んでたら思いついたので、今度から実践していこうと思う。

 

CW、進撃戦環境所感

まあみなも気づいていることだと思うが、Chieftainは第三の人権車両。

 

ひとまず今環境で理想とされる兵士のガレージは

907、260、Chieftain、VK72K(他LTや自走など任意の専門車両)

であることに異論はないだろう。

強いよ。優勝。

 

系統と分類としては

※上から優先順位高

MT

907:汎用性高し、ただ精度が見た目より良くない。

140:907の代用として一番有効な車両。

430U:907よりは殴り合いに強いが、足が遅いので、MT本来の立ち回りを全うするにはちと足りない。

 

快速HT

260:60km/hでIS-7の装甲持ったやつが突っ込んでくる。しかも340HEATもある。DPMも3000あるし、もう何も怖くない。

277:55km/h出るのと260よりは旋回がよく単発が490あるものの、車体がとにかく脆いので260に勝てない。

113:277より足は遅いが、260に勝てる要素がある。

IS-7:頭頭頭

 

頭出しHT

Chieftain:頭堅い。足速いで今までSConq使ってたポジションに入るかもしれない。

5A:Chieftainに立場を取られたかもしれない。

S.Conq:同じくChieftainに立場を取られたかもしれないのだが、精度とDPMは健在なのでいまだ聖域。

60TP:高いヘルスと単発750が光るが、317しかない貫通力で腕を要求される上にバグがなかなか消えない。

 

SuperHeavy

VK.72.01K:Type5を350HEATでバスバス抜いていくが、逆に榴弾は通りにくい装甲配置をしているので、強い。なお腕が必要。

Type5:HEHEHE

Maus:防御力とヘルスは相変わらず。腕必須車両。

 

偵察枠

EBR:100LTよりも足が速いので、取れるポジションの多さから、期待されるものは多い。ただし視界がものすごく短い。

100LT:EBRよりも視界や主砲に優れるといえばそうだが、偵察枠に主砲はいらないのでは?

 

自走

CGC:弾道高いから他では撃てないところが撃てる。

GWE100:DPM高い。

T92:2枚には勝らないが、弾速と高い単発が特徴。

 

余談1

Chieftainは快速HTに入るかという話だが、まあ正直面倒な議論をする気はないので5Aと役割が明らかにかぶっているという指摘だけにとどめる。

 

余談2

Batに明日はあるのかといった感じだが、いまだに1950の弾倉を持ち、高い機動力と良好な視界と隠蔽で偵察もこなせるので、高いPSと併せて初めて需要を持つといった感じ。

 

まとめ

報酬車両ばかりが環境適者(環境適者でないCWE報酬車両なんているんですか?)で通常車両が立場がなく、CWEに参加する敷居が高いという意見をちらほら見るが、敷居が高いのが当たり前だ。エンドコンテンツだ。(WoTがエンドコンテンツだという話があるがそれもそうだ。)

車両も作らず、腕も磨かず、車両が取れると思ったら大間違いである。

まあ決して踏み込んでくるなということではなく、それくらいの気構えを以て頑張ってほしいという話だ。

 

 

260ミッション攻略

f:id:narasinorz:20190211032454j:plain

今やすっかりCWや進撃戦のTOPメタ車両となってしまったObj260。

今回所持していなくて苦い思いをした面々も多いだろう。

というわけで、少しでも助けになればと思い、この記事を書くことにした。

 

とりあえず方針としては55Aまでのミッション15をすべて名誉達成し、オーダーで以て260のミッション15を4つ終わらせ、1ルートを進めるという感じがよい。

オーダーシステム実装当初に作ったアカウントであれば補填で2つオーダーを持っているはずなので、5×3+2=17個
その補填がない場合は一つのミッション15をクリアするのに4つ必要なので、まあ最低でも16個はクリアしなければならない。

 

 

StugⅣ

クリアしたのがあんまりにも昔なのでミッション15の要点だけ書く。

LT15:ダメアシ3000↑ かつ 4両以上に視界または履帯アシスト および 勝利

Tier6とか7でもクリアできる。
視界が短ければカニ目を積もう。

合計なので履帯切りも意識できるとよい。

 

MT15:駆逐戦車を2両撃破 かつ 5両以上にダメージ および 勝利

駆逐を辻斬りしていけばよい。

その間接敵する敵もなぎ倒していけば5両にダメージは簡単だろう。

Tierは何でもいいと思う。

 

HT15:与ダメ、被ダメ、弾きダメの合計が4000↑ かつ 味方チームの合計与ダメの20%↑ および 勝利

Tier7、8あたりの堅い車両T29やDefenderあたりが簡単だろうか、VK100Pなどもいいかもしれない。

 

TD15:与ダメ2000↑ かつ 2両撃破 および 勝利

Tierはなんでも大丈夫だと思うが、自分のやりやすい車両がよいだろう。

例えば固定砲塔が苦手であれば、Hellcatなどの旋回砲塔のついた車両が良いだろう。選ぶ余地はある。

 

SPG15:経験値TOP5 および 1000スタンまたは履帯アシスト かつ 1000ダメ および 勝利

昔の条件でクリアしたので今初めて知ったのだけれど、低Tierだと難しくないか?

まあすべてのSPGミッションはM53/55があれば終わるので、おとなしく5355作って、どうぞって感じ。

 

T28HTC

これも4突ミッションと同様、かなり昔の経験なので、最終ミッションだけ触れる。

LT15:ダメアシ4000↑ かつ 5両以上に視界または履帯アシスト および 勝利

四突のそれから少し難しくなっただけ。

低Tierで難しいと感じたらTierを上げるのも手。

まあ正直いずれのミッションも100LTがあれば絶対に終わるのだが…

 

MT15:駆逐に1000ダメ かつ 2両を撃破 および 6両にダメージ かつ 勝利

若干難しい気がする。まあもちろんTier9や10で遊んでいれば簡単に終わるわけだが…。

Lorr40TやProgetto46などがやりやすいだろうか?

 

HT15:与ダメ、被ダメ、弾きダメの合計が6000↑ かつ 味方チームの合計与ダメの20%↑ および 勝利

Tier8あたりに乗っていればそのうち終わるだろう。

 

TD15:3000ダメ かつ 3両撃破 および 勝利

SkoGあたりがお勧めか。

 

SPG15:経験値TOP3 および 1500スタンまたは履帯アシスト かつ 1500ダメージ および 勝利

5355を信じろ。

 

T-55A

道中難しいミッションがいくつかある。

LT15:ダメアシ7000↑ かつ 4両以上に視界または履帯による撃破アシスト および 勝利

4両以上の撃破をアシストしないといけないので、履帯切りなど少し工夫は必要かもしれない。基本的に100LTなどに乗っていけばクリアできるはず。

 

MT15:駆逐に2500ダメ かつ 7両以上にダメージ および 勝利

プラ面に駆逐戦車を出してもらうと楽だと思う。

 

HT9:体当たりにより1両撃破し、体当たりの与ダメ>被ダメかつ生き残る

IS-7や50Bなどの足はあるが重量もそれなり(どちらも60t程度)な車両が良いだろう。

名誉達成には 最終的な生還と勝利が必要となる。

 

HT12:ヘルスの3倍ダメを弾く および 2000ダメ 

VK100Pなどがよいのだろうか、とにかくヘルスが上がるとハードルも上がるし、とにかくこのサーバーはHEが飛んでくるので、不可能に近い気がする。

 

HT15:与ダメ、被ダメ、弾きダメの合計が12000↑ かつ 味方チームの合計与ダメの25%↑ および 勝利

MausやType5で6000~ダメくらい出してるころには終わっているだろう。

ヘルスが多い戦車でやるのがベスト。

 

TD4:3両撃破する。そのさい自車両が被発見状態でないこと。

実は撃破した時だけ被発見状態でないなら、クリアできる。

E25などがおすすめ。

 

TD8:ヘルスの4倍ダメ

ヘルスが少なく火力が高い車両がいい。

HellcatやE25などだろうか。SkoGでもよいと思う。

 

TD15:6000ダメ および 5両撃破 かつ 勝利
6000ダメの方はTierをあげれば割と簡単だが、5両撃破の副条件が難しいと思う。

E4やStrv103Bなどが簡単だろうか?

 

SPG15:経験値TOP および 2500スタンまたは履帯アシスト かつ 3000ダメ および 勝利

5355を信じろ。

余談だが筆者はT92の開発をしていて5355に乗っていたら、開発する頃にはT-55Aのミッションは1からすべて終わっていた。(後述のように途中数回M44に乗ったりはしたが)

 

用意した方がいい車両まとめ

Tier6:Hellcat、M44

Tier7:T29、E25

Tier8:VK100P、Obj252U Defender、SkorpionG

Tier9:M53/55

Tier10:T-100LT、Batchat25t、Maus、AMX50B、T110E4、CGC

赤字は必須。

プレミアム車両の中には常設販売ではないものもあるので、他に模索した方がいいかもしれない。

 

でここまですべてのミッション15を名誉達成していればオーダーが4つ分足りるはずなので、残り1つのルートをやればよいということになる。

MT15は駆逐に3500ダメ、TD15は8000ダメ、SPG15は経験値TOP1かつ3500スタンまたは履帯アシストと、まあ比較的マッチングを選ぶ傾向にある。
したがってLT15とHT15が比較的やりやすいと思うので、いずれか片方得意な方を進めればいいと思う。

HTルートの注意点としてはHT12の3倍弾き および 3000ダメ。

 

補足:そういえばSPGミッションでスタン秒数ではなくて、複数回スタンさせるというようなミッションがいくつかあった気がするが、スタン回数のみの場合はM44の方がクリアしやすいかもしれない。

 

長くなったがこれからCWやCWEに参加したいという人は環境の変化にめげずに頑張ってほしい。

 

CWE戦場の虎を終えて。

まずはともに戦ってくれたATLUS、OINUそしてMKZのクラメンの皆さんへ感謝をしたいと思う。

ありがとうございました。

そして運営に携わってくれた方々。

本当にお疲れさまでした。

 

ATLUS OINU MKZ連合は結果的に
クラン順位:3位
1250位以内:91名/100名
と偉大な結果を残すこととなりました。

 

以下所感

 

今回のCWEは、当初どこのクランもほぼ100人体制で臨み、世はまさに大戦国時代、MKZ部隊は勝てるところに確実に勝っていけば、ポイントはもらえるだろうと思っていた…(←ここ誤算)当たる相手が……強いんだなぁ……
MYTHMYTHCROWNCROWNWAFKSWAFKSWAFKSって感じ。それで5割くらい勝ってるんだから許してほしい。オデの指揮力はボドボドダー

レギュレーションによって基本戦線では「どこかの戦線に領地を持っていれば上陸トナメに参加することができない」とされ上級戦線では「トナメ全試合でタンクロック(最大申請32クラン)」
加えて、これは妥当だとは思うが、クランによる個人名声buffがなくなり、個人による個人名声buffがかけられるようになった。
すなわち個人の名声に影響してくるのは、今までではクランの運営の力(もちろん勝てるチームを有しているかも重要だが)だったが、個人のPSがもろに突き刺さってくるわけだ。つらいね。

 

戦闘面の話

260のbuffよって277の価値が半減した。

ひとつtweetから引用

 まあ、大体そんな感じ。

907、260、VKKのいずれも持ってなくて、自走も駆逐も軽いの(100LTとかBatとか)も乗れないってなるとピックしづらいとかいう状況ができてしまった。(まあ、260がbuffされてなくても、5式<VK、MT<907の情勢は変わらないわけだが)

 

結果として、運営の力もそうだが、なにより兵士個々人のPSがなにより問われるCWEとなったのは確かだろう。

良くも悪くもといった感じだ。

日ごろランダム戦でTier10乗ってるかとか進撃戦などの集団戦に参加してるかとかそういう努力が数値化されたような結果なのではないだろうか。

 

 個人的名句をひとつ。

8時間ちょっとの待機時間はCWE名物であって、決して笑い話ではないとだけ言っておこう。真面目に参加した諸君ならわかるだろう?

 

ひとまずお疲れ様でした。

 

 

 

ポーランドツリーの開発。

次期CWEに向けて60TPを開発していることだと思う。

まあ、先日60TPのスナイパーモード時の照準の標準高が砲の位置と異なるというバグが発見されたりもしたが、些細なことだ。
詳しくは以下のあめすぴさんのblogを参照していただければと思う。

amespirit.hatenablog.com

 2600のヘルスがそこそこの足と単発750を持っていたら弱いわけがない。

しかもまあ弾き方のむずかちいE100と異なり、ただ正面向けて立ってるだけで被弾面積の少ない形をしている。避弾経始は偉大。

また同750族HTとして名高いVK72.01Kと異なり入手のしやすさというのが挙げられる。加えて言えば後部砲塔だったり、7号戦車独特の装甲配置だったりでやや使いにくかったりはするんだろうか。まああれが350貫通持ってるんだから強いに決まってるし、やはり60TPの優位性は入手のしやすさに留まるだろうか。

 

閑話休題

フリー割引の来てる今だし、クリスマスツリーにカードをかざせば無限に箱が落ちてきてゴールドが降ってくる今だから、別段60TPを作成するのに途中の車両に乗る必要もないのかもしれないが、要所だけ飛ばして、残りは乗って節約していきたいという人に向けて、どこを飛ばせばいいのかなんてものを書いてみようかと思った。

(単純に途中、魅力的な車両がいくつかあったので、紹介してみたかっただけともいう)

あらかじめ断っておくと、Tier5までは乗ってないので(1万くらいフリーあったら飛ばせるし、プレ垢持っててフリーの200%とかのリザーブ炊いて2時間くらい遊んでたら1万くらいすぐ貯まるんじゃないかと思ってるので)紹介するのはTier6以降になる。

 

Tier6:40TP Habicha 

絶望的なまでに弱いので、即Tier7に移行することをお勧めする。

何がどう弱いのかといえば、その車種である。

中戦車なのだ。

それが何を意味するかといえば対面に来るのはCromwellだとかT-34-85Mだ。

そしてこれの何が問題かといえば、スペック上50km/hとなっているのだが、エンジンが絶望的にゴミなため30km/h程度しか出せない。
それでいて装甲面に関して言えば、T-34-85Mなどと大して変わらない。
精度も照準時間も悪い。

拡散はといえばそれもいいはずもなく無事死亡といった具合。

さらに言えばイタリアのTier6(名前忘れた)に全面装甲以外すべての性能で劣っているという感じである。

Tier7:45TP Habicha

つよ戦車。つよつよすぎて強い。

前述の歯止めの利かないゴミから進化した点を言えば、まず車種がHTになった。

しかして足回りは向上し、精度拡散は据え置きだが、照準時間が大幅に向上しているため弾を当てやすくなっている。

装甲もハルダウンできれば同格MTのプレミアム弾までは余裕をもって弾ける程度になっている。

T29のようなTierに対して過剰とまで言えるような頭があったりするわけではないが、逆に言えばその分足などにステータスが振られているので大変にバランスが良い。

細かすぎて難だが、口径が105㎜なのもよい。tier8のStrvS1を抜くのに苦労しないからだ。

Tier8:53TP Markowskiego

つよ戦車2号。個人的には45TPの方が好きだが、こっちも大分強い。

何が強いかといえば、単発420(いよいよ尖ってきたなという感じ)

をかなり良い精度拡散照準でもって、高い発射速度で撃ち出せることである。

例えば同格HTのDefenderやらVK100.01PやらはDPMは2000程度だが、こいつは2500まで伸ばすことができる。(その代わり貫通が低いといえば低いが、弱点を狙える精度が保証されているので問題にはならない)

加えてその砲塔配置と装甲配置にある。

砲塔がかなり前よりについているため昼飯も強ければ、113のような車体形状をしているので豚飯もかなりキメていける。

俯角もあるので地形対応力も高い。

 

Tier9:50TP Tyszkiewicza
単発上げようとしてステ振り間違えた感じのある車両。

決して弱いわけではないのだが…

まず単発が560とTier9HTで断トツのトップ…になったのはいいのだが、精度照準時間が悪化してしまった。

加えて車体体積の削減に伴ってというわけでもないだろうが、ドライバーハッチが飛び出ていたり、ターレットリングが飛び出ていたりで豚飯も昼飯も極端に弱くなってしまった。

その代わりといっては難だが、俯角を最大まで使うとキューポラが完全に隠れて、気持ち同格HTでは貫通できない(できないとは言っていない)装甲厚を再現することができるようになっている。

結局のところ今までの流れをガン無視で新しい路線に走り出したという認識がよさそうな車両だ。

 

以上で紹介を終わる。

といってもまあ4車両だが、今のアジアのランダムではマッチングTierが制限されているためTier7、8の強さは特に際立っている。